東京のオフィス移転業者徹底ガイド

東京のオフィス移転業者徹底ガイド

オフィス移転、業者選びから基礎知識まで【東京編】

頼れて安心! 東京のオフィス移転を任せたいNO.1

ポイント別おすすめオフィス移転業者TOP5!

他社より300万円以上安い業者も!「お得度」 1社に頼めば全部OK!「対応力」 機密の扱いを任せられる?「信頼性」
東京のオフィス移転業者徹底ガイド » 知っておきたい! オフィス移転の流れ » 業者が代行する行程

業者が代行する行程

日常業務への影響と負担を抑えるためにも、事務所移転の作業は、まかせられる部分は専門業者に委託するのがベストです。ここでは、業者が代行できる作業範囲をご紹介します。

どこまで代行してもらえる? オフィス移転業者の作業範囲

オフィス移転業者が代行してくれる作業範囲は、その業者の対応力や守備範囲によって異なってきます。

もちろんどのオフィス移転業者でも依頼した物品の物理的な移動・運搬という作業は請け負っていますが、実際の移転では付帯するさまざまな作業が必要になるので、対応してくれる業者を選ぶ必要があります。

【荷物の梱包や荷解き】
オフィス移転業者であれば、ほとんどの場合請け負ってもらえますが、稀に自社社員が行わなければならないケースもあるようです。事前に要確認です。
【新オフィスのレイアウト】
業者によって対応が異なります。非対応の場合、別途外注業者を依頼するか、自社内で行うといった対応が必要になります
逆に、対応業者の中には、無料提案をしているというところもあります。
【電話・LAN回線などの配線工事】
IT化全盛の昨今、多くの移転業者が関連サービスとして請け負っています。
ただし、移転業者自身が自前の施工チームを擁している場合と、外注業者に委託・交渉という場合があり、料金や信頼性で差が出てきます。
【旧オフィスの清掃・原状回復】
移転業者によって、非対応、自社対応、外注業者に委託の3パターンに分かれます。オフィス移転にはつきものの作業なので、ワンストップ対応してくれる業者が望ましいと言えるでしょう。
【不用品の買い取りや廃棄物処理】
業者によってかなり対応が異なります。ポイントとなるのは、その業者が古物商許可や産業廃棄物収集運搬業許可を有しているかどうかです。
許可を持っていない場合は、専門業者への依頼が別途必要になります。また機密書類や機密データを処分する場合、その処理方法をしっかり確認しておくべきです。
消去証明、破棄証明、溶解証明などを発行してくれるところなら、信頼度は高くなります。

移転の負担は業者の一本化で大幅に減らせる!

以上の通り、オフィス移転に必要な作業は、ほとんどの場合、代行依頼が可能です。

むしろ焦点となるのは、以下のどれを選ぶかです。

  1. 自社で個別の業者に依頼する
  2. 個別の業者への依頼交渉を外注で委託する
  3. ワンストップの移転業者に依頼する

選ぶべき業者を決めるためには、まず自社の移転にはどの作業までの代行が必要かを確定する必要があります。

多くの場合、通常業務に負担をかけずに事務所移転を進めるためにも、ワンストップのオフィス移転業者への委託が安全です。

オフィス移転をスムーズに終わらせるポイントは信頼できる業者を選ぶことです。
適切な料金プラン・スタッフの対応力・企業としての信頼性でオフィス移転業者を比較しました。

1位 アームコーポレーション

アームコーポレーション 割引プランの豊富さと、ワンストップサービスの対応力、操業35年以上の実績と信頼性で、アームコーポレーションが東京のオフィス移転業者ランキングの1位に選ばれました。
無料の即日見積もりを試す

2位 安田運輸

安田運輸 OA機器や精密機器の運搬の実績と、自社のリサイクル施設での機密処理の安全性で、安田運輸が東京のオフィス移転業者ランキングの2位に選ばれました。 問い合わせてみる

3位 スタームービング

スタームービング プロ野球東北楽天イーグルスのスポンサーとしても知名度の高いスタームービングが東京のオフィス移転業者ランキングの3位に選ばれました。 問い合わせてみる
Site map