東京のオフィス移転業者徹底ガイド

東京のオフィス移転業者徹底ガイド

オフィス移転、業者選びから基礎知識まで【東京編】

頼れて安心! 東京のオフィス移転を任せたいNO.1

ポイント別おすすめオフィス移転業者TOP5!

他社より300万円以上安い業者も!「お得度」 1社に頼めば全部OK!「対応力」 機密の扱いを任せられる?「信頼性」
東京のオフィス移転業者徹底ガイド » オフィス移転の前に知っておきたい情報 » 移転を機にコスト削減するには

移転を機にコスト削減するには

社屋やオフィスの移転には、会社のコスト削減を目的に行われる例も多々あります。ここでは、オフィス移転によって会社のイニシャルコストを下げるための考え方や注意点をご説明します。

コストダウンのチャンス到来! オフィス移転でコスト削減するポイントは?

オフィスコストの65%は賃貸料で占められているとの調査結果もあります(2007年 社団法人日本ファシリティーマネージメント推進協会調べ)。したがって、賃貸料の低い物件に移転するだけでも、会社のイニシャルコスト削減に大きく寄与するということになります。

ただし、単純にオフィス賃料の安い物件に引っ越せばよいというものではありません。賃料が安いということは、駅からの距離が遠かったり、ビルの築年数が古いなどのマイナス要素が考えられます。それによって社員の通勤費が増えたり、業務効率が悪化するようでは意味がありません。

コスト削減の、具体的な手段・方策とは…

第一に考えるべきポイントは、オフィス面積の効率化・適正化です。快適なオフィス環境に必要な面積は、1人当たり4坪とされています。例えば現状が1人当たり4.5坪あるいは4.3坪となっている場合、この端数分をオフィス移転によって節約するというやり方が有効です。

また一つの会社で複数フロアを使っている場合、オフィス移転によって賃料総額の安いワンフロアに統合するということも検討すべきです。フロアが別れているということは、コピー機・FAX等のOA機器や共用スペースもフロアの数分、重複して必要になることです。また、社内コミュニケーションの不足も招きがちです。

ワンフロア化でこれらの無駄やデメリットを解消するのは大いに意義があります。もちろん、トータルの賃料を安くすることは大前提です。

さらに部門やフロアごとに会議室を設けている場合、利用率からみて支障がなければ、会議室をひとつに統合してスペース効率化を実現できます。

以上のとおり、オフィス移転はオフィスの使い方を見直し、コスト削減につなげる絶好のチャンスです。

ただし、安直に賃料を安くしたりスペースを狭くすれば良いのではなく、業務全体を見た上での適正化・効率化が大切です。

なお、オフィス移転業者の中には、オフィスレイアウトのプランニング等を提供する業者や、面積縮小により不要になるデスク類や什器類、OA機器類の買い取り対応を行う業者もあります。

自社のニーズに応じたサービスを提供する業者を積極的に活用して、オフィス移転を機にコスト削減と業務効率化を両立させましょう。

オフィス移転をスムーズに終わらせるポイントは信頼できる業者を選ぶことです。
適切な料金プラン・スタッフの対応力・企業としての信頼性でオフィス移転業者を比較しました。

1位 アームコーポレーション

アームコーポレーション 割引プランの豊富さと、ワンストップサービスの対応力、操業35年以上の実績と信頼性で、アームコーポレーションが東京のオフィス移転業者ランキングの1位に選ばれました。
無料の即日見積もりを試す

2位 安田運輸

安田運輸 OA機器や精密機器の運搬の実績と、自社のリサイクル施設での機密処理の安全性で、安田運輸が東京のオフィス移転業者ランキングの2位に選ばれました。 問い合わせてみる

3位 スタームービング

スタームービング プロ野球東北楽天イーグルスのスポンサーとしても知名度の高いスタームービングが東京のオフィス移転業者ランキングの3位に選ばれました。 問い合わせてみる
Site map